地震

2010年9月30日までのデータ

0931

0931_2

0931_3 有感地震発生の県別・北緯・東経のデータです。

9月末より福島・新潟・高知県と有感地震が続き、地震活動が活発化しましたが、多少落ち着てきました。しかし、中期的なサイクルでは 地震活動が活発化するサイクルに入っています。昨年に比べ有感地震の発生が少ない状況が続いていましたので、年末にかけて増えていくのではないかと思います。

季節の変わり目なので、高気圧が続いた後の大きな気圧変化には注意してください。

天候による有感地震発生のデータ

天候による地震発生確率
晴れ 1948 73.90%    2009年1月1日~2010年10月10日
曇り 559 21.21%
129 4.89%
合計 2636 100.00%
震度 発生回数 晴れ 曇り  
7 0       0.00%
6強 0       0.00%
6弱 1   1   0.04%
5強 0       0.00%
5弱 8 6 2   0.30%
4 62 49 12 1 2.35%
3 196 142 45 9 7.44%
2 621 452 133 36 23.56%
1 1748 1299 366 83 66.31%
2636 1948 559 129  
確率 4.25 73.90% 21.21% 4.89%  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月30日までのデータ

2010年1月1日~6月30日までの、県別・東経・北緯で発生した有感地震のデータです。

0630

0630_2

0630_3

例年梅雨に入ると有感地震の発生は多くなります。これは気圧の変化が大きいことが原因ではないかと思われます。

有感地震の発生数は昨年に比べ多少減少しています。昨年同様この時期では 東北太平洋側の地震が多く発生していますが、原因はつかめません。 この時期は被害が発生するような大きな地震の発生確率が高いので注意してください。

天候による地震発生確率
晴れ 1656 73.11%

   2009年1月1日~2010年7月10日

曇り 501 22.12%
108 4.77%
合計 2265 100.00%
震度 発生回数 晴れ 曇り  
7 0       0.00%
6強 0       0.00%
6弱 1   1   0.04%
5強 0       0.00%
5弱 6 5 1   0.26%
4 53 44 8 1 2.34%
3 165 118 42 5 7.28%
2 534 384 121 29 23.58%
1 1506 1105 328 73 66.49%

2265 1656 501 108  
確率 4.12 73.11% 22.12% 4.77%  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月末日までのデータ

0430 2010年1月~4月までの 県別有感地震発生回数

0430_2 同 北緯

0430_3 同 東経

グラフをクリックすると、大きな場面で見れます。

天候による地震発生確率
晴れ 1511 73.89%    2009年1月1日~2010年5月2日
曇り 437 21.37%
97 4.74%
合計 2045 100.00%
震度 発生回数 晴れ 曇り  
7 0       0.00%
6強 0       0.00%
6弱 1   1   0.05%
5強 0       0.00%
5弱 5 4 1   0.24%
4 49 40 8 1 2.40%
3 148 105 38 5 7.24%
2 488 353 109 26 23.86%
1 1354 1009 280 65 66.21%
2045 1511 437 97  
確率 4.20 73.89% 21.37% 4.74%  

3~4月にかけて天候不順が多く、有感地震の発生回数は昨年より減少していますが、規模の大きな地震は多くなっています。また、中央構造線に沿った地震が多いのも今年に入ってからの傾向です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月までの有感地震データ

0331*グラフをクリックすると、鮮明に見れます 。

県別有感地震発生回数

0331_2 北緯有感地震発生データ

0331_3 東経有感地震発生データ

有感地震の発生回数は、2009年4月3日まで 303回に対し 2010年4月3日までは 327回と増えています。

地震の震度は

  2009年4月3日 2010年4月3日
震度5弱   2
4 8 10
3 16 20
2 83 71
1 196 224
世界的に大きな地震が発生していますが、日本でも大きな揺れの地震は増えていて、地震サイクルには増減があり、7日~10日・3~4ヵ月程で発生回数が増減することが分かっています。年間データは不足しているので断定はできませんが、大きな地震が発生するサイクルに入ったのかも知れません。

地震の規模も

  2009年4月3日 2010年4月3日
M7以上 1 1
M6以上 0 3
M5以上 16 20
M4以上 55 73
72 97
大きくなっています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月までの有感地震発生データ

0228 0228_2 0228_3 2010年1月1日から2月28日までの、県別・北緯・東経の有感地震発生データです。

ハイチ・沖縄・チリ・台湾と世界的に大きな地震が発生しています。有感地震の発生回数は、昨年と比べて同じレベルですが、大きな地震が発生しているせいか、多く発生しているように感じます。

沖縄で発生したM7.4・最大震度5弱の地震も”前震”が発生していました。昨今気になる点は、秋田・山形県南部で有感地震が発生しています。宮城・岩手内陸地震発生前にも秋田・山形県でも有感地震が発生していました。余震と考えるのが妥当だとは思いますが、大きな地震だったので気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月のデータ

0131 0131_2 0131_3 2010年1月の県別北緯・東経の有感地震発生回数グラフです。

前半は、昨年の伊豆沖群発地震の余震もあり、発生回数は多かったですが、後半は平均並みに落ち着いてきました。

2月に入り 岩手・宮城内陸地震近くで地震が多く、あの時と同じように山形・秋田県でも地震が発生しています。大きな地震はないとおまいますが、震度4程度の地震が発生する危険性はあると思います。

0205

静岡新聞で前震による地震予測の研究が始まった記事が掲載されていました。

Photo

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有感地震は増加傾向です。

01210333 気象庁地震分布図

21日02時59分頃地震がありました。
震源地は伊豆半島東方沖 ( 北緯35.0度、東経139.1度)で震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定されます。
震度4  伊東市大原
     震度3  熱海市網代 熱海市泉* 東伊豆町奈良本*
          函南町平井* 伊豆市小立野* 伊豆の国市四日町*
          伊豆の国市長岡* 三島市東本町 長泉町中土狩*

ハイチの大地震の被害情報が伝わって来ますが、日本も地震活動が活発になっています。

Photo
昨年から記録している有感地震週間発生回数データでも、12月中旬過ぎ(伊豆東方沖群発地震を除いても)から増加傾向になっています。

特に北緯34度ラインの地震活動が活発になっており、今後の発生には注意しています。

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海地震の震源地

大型の寒波(低気圧を伴う)で天候は大荒れですが、有感地震の発生は押さえられています。先月の伊豆東方沖群発地震を除いても、有感地震の増加サイクルに入った様で有感地震の発生回数は増えています。寒波の通り過ぎた後は、増加すると思います。

01100144 気象庁地震分布図 2010年1月10日01:44:49.3 34゜33.5'N 137゜36.8'E 26km M:4.3 遠州灘

昨年から静岡県近海での地震が多く発生し、東海地震の発生が気になるところです。

発生震源地に共通する場所として、北緯34度50分付近での発生が多く、昨年の2009年8月11日05:07:5.7 34゜47.1'N 138゜29.9'E 23km M:6.5 駿河湾 ・2009年12月17日23:45:24.5 34゜57.5'N 139゜8.1'E 4km M:5.0 静岡県伊豆地方、今回の遠州灘など、ある程度の規模の地震は このラインで発生しています。

過去の大地震も突然やってくるのではなく 宏観現象・前震なども伴いますが、直前現象以前にある程度の規模の地震が発生している場合が多くあります。

東海地震がすぐに発生すると言う訳ではありませんが、昨今の静岡県近海での地震多発は今までになかったことで、東海地震が近いと想定してもおかしくない状況ではないでしょうか? その中で北緯34度ラインを注意していたいと思っています。

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブーゲンビル-ソロモン諸島地震

20100105 04日07時36分ころ地震がありました。
震源地は、南太平洋(南緯8.9度、東経157.0度)で、地震の規模(
マグニチュード)は7.2と推定されます。
この地震による日本への津波の影響はありません。
詳しい震源の位置はブーゲンビル-ソロモン諸島です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有感地震年間発生データ

Photo *グラフをクリックすると鮮明に見れます。

2009年年間有感地震発生データです。

12月に静岡県で火山性群発地震が発生しましたので、静岡県が311回と発生回数が多くなっています。

Photo_2 北緯有感地震発生データです。

静岡群発地震で34度が多くなっていますが、元々34度ラインは地震が多く発生しているラインです。

Photo_3 東経有感地震発生データです。

139度ラインも比較的地震が多く発生しているラインです。

2009年前半まで、1年以上震度5弱の地震が発生しない期間があり、後半に静岡県で大きな地震が発生してしまいました。

静岡県で大きな地震が発生した意味は大きと思い、やはり東海地震の発生に近付いていると思われます。

昨年から浅間・桜島・伊豆沖など火山活動も活発になり、伊豆沖は群発地震の発生する間隔が短くなっています。過去の大地震も発生前に前兆と思われる地震が発生しています。東海地域の方は、地震対策を万全にしましょう。

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧