ニュース

東海地震が切迫? 8月“駿河湾地震”の正体

駿河湾で八月に起きたマグニチュード(M)6・5の地震は、直前の予知が唯一可能とされる東海地震の想定震源域のすぐ近くで発生したことから、大きな注目を集めた。どんな断層が動き、どのように揺れたのか。東海地震は早まったのか-。十月に京都市で開かれた日本地震学会では、駿河湾の地震の研究成果が相次いで発表された。 (榊原智康)

■月の引力程度

 駿河湾の地震は、プレートの境界面がずれる東海地震とは発生メカニズムが異なり、まったく別物の地震といえる。発生当初は二つの地震の震源域が重なっているようにも見えたが、その後の分析で震源の深さは二三キロ。震源域のプレート境界より深いフィリピン海プレートの内部の断層がずれて起きたことが分かった。

 地震を引き起こした断層は、どんなものだったのか。発生当初は向きが北西-南東で北東方向に向かって深くなる一枚の断層が動いたと考えられていた。しかし、余震観測など、その後の解析によって、ほぼ直交するもう一つの断層も動いていたことが分かった。

 防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の小原一成地震観測データセンター長らは、駿河湾の地震が東海地震に与えた影響を調査。二枚の断層の大きさや形、ずれ方などから震源域にどんな力を及ぼしたかを計算した。

 東海地震で動くとされる固着域(アスペリティー)のほとんどで、地震発生を促進する方向に力が及んでいたことが判明した。地震の翌日以降に静岡県藤枝市では、地下二十キロ前後のプレート境界面でM2クラスの微小地震が起きた。この地震活動は、今回の地震による影響で発生した可能性があるという。

 小原センター長は「断層の滑りを促進する方向に働いた力は約〇・〇〇一メガパスカル。月が地球を引っ張る潮汐(ちょうせき)力と同程度で非常に微弱なため、東海地震を誘発する要因にはなっていない」と分析した。

■5号機の謎

 一方、震源から約四十キロの浜岡原発(静岡県御前崎市)では、5号機だけ揺れが強かった。計測された最大加速度は四二六ガルで、1~4号機の二・五~四倍。「同じ敷地内で、なぜこれほど揺れ方が違うのか」との謎は、原子力の安全性を評価する国の委員会でも議論を呼んだ。

 愛知工業大(愛知県豊田市)の入倉孝次郎客員教授と倉橋奨研究員らは、余震分布のデータなどから二枚の断層面が動いたとする震源モデルを作成。それぞれの断層で起きた代表的な余震のデータを使って本震の揺れをシミュレーションした。

 その結果、静岡や沼津などにある観測点のほか、浜岡原発での観測記録ともよく一致。5号機と他号機の揺れの違いは地下百メートル地点の地震計でも観測されたが、モデルではその違いも再現できた。

 倉橋研究員は「地下百メートルまでの地盤構造は3号機と5号機で違いはない。もっと深い地盤の構造の違いが揺れの差を生み出したのではないか」とみる。

 地盤の特性を知ることは原発の安全にとって非常に重要だ。中部電力は、地下の構造をより詳細に把握しようと、ボーリング調査や、人工地震を発生させて海底や地中から跳ね返ってくる揺れを調べる探査を進めている。

 <8月11日に起きた駿河湾の地震> 気象庁の地震命名基準(規模など)を満たさず正式名称はない。静岡県牧之原市、焼津市などで震度6弱を観測。内閣府によると死者1人、負傷者319人。この地震を受けて気象庁は初めて「東海地震観測情報」を出した。

 <東海地震> 静岡県中西部と駿河湾の一帯を震源として発生が想定される。一帯では陸側のプレートの下に、海底のフィリピン海プレートが北西へ沈み込むため、両プレートの境界周辺がひずむ。特に境界面が強くくっついた固着域にひずみが蓄積する。ひずみに耐えられず固着域が壊れると、境界が滑って陸側プレートが跳ね上がり、地震が起きるとされる。政府の地震調査委員会の予測では、規模はM8級で最大震度7、30年以内の発生確率は87%。

 学会では、東海地震の固着域への応力集中が以前より進んでいる-との研究報告も。見解が分かれる問題も多いが、大きく見ればいつ起きてもおかしくない状態だ。巨大地震にどう立ち向かうか。意識を高め、備えることから始めるほかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南太平洋でM7.1の地震

1109 平成21年11月9日20時15分 気象庁発表
きょう09日19時45分ころ地震がありました。
震源地は、南太平洋(南緯17.2度、東経178.6度)で、震源の深さ
は約570km、地震の規模(マグニチュード)は7.1と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。
震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。
詳しい震源の位置はフィジー諸島です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探査船「ちきゅう」、2千万年前の玄武岩溶岩回収に初成功 海底下540メートル

東南海・南海地震など津波を伴う巨大地震の発生メカニズムを解明するため、紀伊半島沖の熊野灘で海底掘削を行っていた海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が、大規模な活断層がある海溝「南海トラフ」で初めて堆積(たいせき)岩と基盤岩の境にある枕状玄武岩溶岩の回収に成功し12日、入港中の新宮港(和歌山県新宮市)で報道関係者に地質試料が公開された。
陸側のプレート(岩板)の下に海側のフィリピン海プレートが沈み込んだ水深4千メートル級の南海トラフには、巨大地震を引き起こす地震発生帯があり、ちきゅうは今年5月から「第2ステージ」と呼ばれる2段階目の探査を行っていた。

 同機構によると、9月1日から開始した第3次研究航海で、海底下540メートル付近から赤色泥岩と玄武岩が接触した枕状玄武岩溶岩を回収。約2千万年前に噴出したものとみられ、「堆積岩である赤色泥岩との接触部分が完全な形で回収されるのは非常に珍しい」という。

 回収した枕状玄武岩溶岩は、やがて巨大地震発生帯に移動し、大きなすべりを生じて地震波を出す個所を構成する岩石になるとも考えられることから、同機構は「温度や圧力を加えるなどの実験を行い、巨大地震発生帯で起こる破壊現象の解明に役立てたい」としている。

 ちきゅうによる探査は4段階で計画。ステージ1(平成19年9月~20年2月)では33カ所で掘削し、試料の採取や分析が行われた。
10月13日12時17分配信 産経新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマトラ島沖のインド洋でM7.9の地震、インドネシア

ジャカルタ(CNN) 米地質調査所(USGS)によると、インドネシア西部スマトラ島沖のインド洋で30日午後5時16分(日本時間同日午後7時16分)ごろ、マグニチュード(M)7.6の地震が発生した。ハワイにある太平洋津波警報センターはインドネシアとインド、タイ、マレーシアの沿岸部に津波注意報を発令した。

地元メディアによると、同島中部の主要都市パダンでは、建物が崩壊する被害が出ているほか、多くの人々が高台に向かって避難した模様。

USGSは当初、地震のM7.9としていたが、下方修正した。震源はスマトラ島中部パダンの西北西50キロで、震源の深さは85キロ。

スマトラ島沖では2004年12月、M9.3の地震が発生。大津波が沿岸部を襲って、20万人以上が犠牲になった。 0930_2

平成21年9月30日20時49分 気象庁発表
きょう30日19時16分ころ地震がありました。
震源地は、インドネシア付近(南緯0.9度、東経99.9度)で、地震の
規模(マグニチュード)は7.6と推定されます。
この地震による日本への津波の影響はありません。
震源要素を訂正する。
震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。
詳しい震源の位置はインドネシア、スマトラ南部です。
観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。
インドネシア    パダン               0.3m
インド洋で津波発生の可能性があります。
気象庁では30日19時38分にインド洋津波監視情報を発表しています。
情報第2号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海地震 ひずみがたまり過去30年で最も危険な状態

 東海地震の想定震源域である静岡県西部で一昨年以降、プレート同士が強く固着している部分(アスペリティー)に、ひずみがたまり、過去30年で最も巨大地震が起こりやすくなっていることが26日、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の松村正三・研究参事の研究で分かった。震源域のプレート境界で前例のない異常が起きていることを示した内容で注目される。研究成果は10月に京都市で開かれる日本地震学会で発表する。

震源域では、今年8月に駿河湾地震が発生するなど中、小規模な地震が増加。プレート境界がゆっくり動く「スロースリップ」と呼ばれる現象の活動域も広がるなど地殻活動にも大きな変化がみられるという。松村氏は「海側のプレートがゆっくり沈み込んでいるのに、アスペリティーだけが残っている危険な状態だ。引き続き活動を注意深く見守る必要がある」としている。

 松村氏は震源域を2千平方キロメートルの区画に分割し、それぞれの区画ごとにフィリピン海プレート内部(スラブ内)で発生したマグニチュード1・5以上の地震活動を過去30年分にわたり解析した。その結果、震源域西側で一昨年後半以降、地震の発生数が特に増えていることが分かった。

 また平成12年から続いているスロースリップの中心領域は駿河湾付近だったが、西側の浜名湖付近へ移動。17年にいったん収まったが、18年以降は反転して北東に移動していることが判明。一連の動きを解析した結果、震源域のアスペリティー群だけを残し、周辺全体が滑っている可能性が高いことが分かった。

 こうしたことから松村氏は、スロースリップの変動域が震源域内で拡大、アスペリティーへのひずみによる負荷の集中が進んだ結果、地震活動が活発化していると指摘。「この地域でのひずみは相当たまっていると考えられ、アスペリティーがこらえきれなくなって一気に滑るかもしれない」(松村氏)としている。

 一方、今年8月に起きた駿河湾地震は海側プレートの内部で発生。発生メカニズムが東海地震の「プレート境界型」ではなく、その後の観測でも東海地震につながる急速な地殻変動も確認されなかったが、地震によって、ひずみが一層大きくなることがあるため、東海地震の発生を早めた可能性もあるという。

 松村氏は「駿河湾地震が東海地震の前兆とみるか判断は難しい。しかし震源域のアスペリティーにより大きなストレスがたまったことは確実で、関連がないと楽観視するのではなく、今後十分に注意する必要がある」と話している。

 ■アスペリティー プレート間にある摩擦が大きい固着域のことで、普段は滑り止めの役割をしているが、ひずみが限界を超えると一気にずれて巨大地震を引き起こす。東海地震の震源域には少なくとも3つの推定アスペリティーがあるとされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サモア地震

0930 平成21年9月30日4時13分 気象庁発表
きょう30日02時48分ころ地震がありました。
震源地は、南太平洋(南緯15.3度、西経171.0度)で、地震の規模
(マグニチュード)は8.3と推定されます。
日本への津波の有無については現在調査中です。
震源要素を訂正する。
震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。
詳しい震源の位置はサモア諸島です。
太平洋の広域に津波発生の可能性があります。
PTWCでは30日3時56分に津波情報を発表しています。
観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。
サモア    アピア      0.7m
米領サモア  パゴパゴ     1.6m
情報第2号

地震情報(地震の活動状況等に関する情報)
平成21年9月30日06時30分 気象庁発表

2009年9月30日02時48分頃に南太平洋で発生した地震について、
概要を以下のとおりお知らせします。

*** 地震の概要 ***
発生日時:	  9月30日02時48分ころ(日本時間)
マグニチュード: 8.3
場所および深さ: サモア諸島付近(南緯15.3°、西経171.0°)
         (震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による)
津波:	  日本への津波の影響については現在調査中


*** 海外の津波の観測状況(05時30分現在)***
 パゴパゴ     03時12分 	1.6m
 アピア		03時32分	   0.7m
 ラロトンガ	      04時51分	 0.5m

*** 防災上の留意事項 ***
 日本への津波の影響は現在調査中です。今後発表される情報に注意してく
ださい。
 
*** 今回の地震の震央付近で発生した地震による津波 ***
 1995年4月8日 トンガ諸島付近 M8.0 パゴパゴで10CM

地震情報等は最新の情報をご覧下さい。
なお、現在発表している情報は気象庁ホームページで公表しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡沖地震から学ぶ

意識に不安、警戒を

地震で屋根瓦が落ちた民家(11日、静岡県菊川市で、本社ヘリから)=川口正峰撮影

 11日午前5時7分に駿河湾を震源とする地震が発生し、静岡県内では震度6弱を観測したほか、東海地方でも名古屋市や愛知県豊田市、岐阜市、岐阜県大垣市などで震度4を記録し、3人がけがをした。専門家に今回の地震の特徴や教訓について聞いた。

(高貝丈滋)

■少ない建物被害

 筑波大大学院システム情報工学研究科、境有紀准教授(地震工学)は12日から2日間、静岡県内の震度6弱を記録した地域で、被害調査を行った。

 境准教授によると、震度6弱以上を記録した静岡県御前崎市などの強い震度を観測した点から半径200メートル以内に全壊、大破などの建物被害は見られず、多くは瓦屋根が一部落ちたり、ずれたりするにとどまっていた。昨年の岩手・宮城内陸地震と似ており、揺れの周期が0・5秒以下と短く、体感や室内の物品の動きは大きいが、人命の損失につながる建物の全壊といった被害は少かったという。

 このため、静岡県は対策が進んでいたので、大きな被害が生じなかったとの見方がある一方で、「(被害が少なかったのは)0・5秒以下の極短周期の地震動の性質が原因だ。静岡県内で、地震への意識が高かったわけではない。津波注意報が出た際も高さ50センチだと安心し、避難した人も少なかった」と境准教授は指摘し、安易に安心するより、さらに耐震化や警戒を強めるべきという。

■複合災害への備え

 また、今回の地震では台風9号が東海地方をかすめて通過し、複合災害についても教訓を残した。雨で地盤が緩み、静岡県牧之原市の東名高速・牧之原サービスエリア付近の土砂が崩れた。「台風や長雨が数日続いている間に地震が起きるケースも想定してほしい」と境准教授。

 日本で発生する地震の8割はこうした極短周期の地震が多い。岩手、宮城内陸地震でも道路の崩壊が見られたように、家屋の被害よりも道路を崩壊させる可能性が高く、今後の防災の課題にもなる。

 近い将来、発生が危惧(きぐ)されている東海、東南海地震では、大きなマグニチュード(M)が想定され、M7を超す可能性もある。

 名古屋大学の福和伸夫教授(地震防災)によると、想定される地震では、名古屋市の揺れは、今回の駿河湾を中心とした地震の10~20倍以上になる。「今回の地震を考え、家庭での備えを今日にも行うべきだ」と福和教授は警鐘を鳴らす。

東海地震は2分超 ――備えあれば

 名古屋大大学院地震工学防災グループの護雅史准教授に、今回の駿河湾を震源とする地震と、想定される東海地震について、2次元振動台を使って揺れを再現してもらった。

 駿河湾の地震は、揺れの時間が20秒余りと短く、短期周期のものが目立った。護准教授は「計測された震度も5・4と震度5強に近い震度6弱のため、被害が小さかったことがわかる」と説明する。

 一方、東海地震では、はじめは小さな揺れだが、周期が1秒を大きく上回り、時間も2分を超す。さらに名古屋市などがある濃尾平野は、地質などの関係で揺れが伝わりやすく、収まりにくい。縦、横に大きく揺れるのが特徴で、建物被害が甚大になることがわかる。

 さらに東南海地震では、地震の揺れは2分半を超すほか、東海、東南海、南海の三つの地震が重なると、3分以上になるという。

 護准教授は「地震の周期は1秒を超すと被害も大きくなる。HP(www.sharaku.nuac.nagoya‐u.ac.jp/disaster/etaiken090811.htm)でも再現しており、参考にしてほしい」と話す。

(2009年8月28日  読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーの空が真っ赤に、内陸部からの砂ぼこりで

【9月23日 AFP】このところ山火事、地震、強風、巨大なひょうなどに見舞われているオーストラリアのシドニー(Sydney)の街を23日、不気味な赤い砂じんが襲った。

 内陸部から強風で運ばれた砂ぼこりで車や建物はオレンジ色に変わり、交通機関は混乱し、子どもや高齢者は屋外に出ないように呼びかけられた。人びとはフェイスマスクを着けたり、スカーフで口を覆ったりして職場に向かっていた。シドニーの空港では着陸地を変更する国際線の航空機も出たため、空の便も大幅に乱れるとみられる。

 シドニーがあるニューサウスウェールズ(New South Wales)州の警察は、22日に一部の地域で濃い砂じんが発生して空が赤黒くなり、視界が2~3メートルにまで悪化するなどの異常な状態があったと報告していた。

■地震やひょう、野火も

 ニューサウスウェールズ州に隣接するビクトリア(Victoria)州では、22日午後、雷雨とともに「クリケットのボールくらいの大きさの」ひょうが降り、自動車のガラスが割れる被害が出たほか、22日遅くにはマグニチュード2.6と3.0の小さな地震が起きた後に激しい雨が降り、鉄砲水への警戒が呼びかけられた。当局によると地震による被害は出ていない。
 
 さらに北のクイーンズランド(Queensland)州では、気温が高く乾燥した天気が続いたことから十数か所で野火が発生していた。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブータンでM6.3の地震、米地質調査所が観測

【9月21日 AFP】ヒマラヤ山脈の東端に位置するブータンで21日、マグニチュード6.3の地震が観測されたと、米地質調査所(US Geological SurveyUSGS)が発表した。

 インド北東部およびバングラデシュでも揺れが体感されたという。USGSによると、震源はブータンの首都ティンプー(Thimphu)東方180キロ、深さ7.2キロ付近。被害規模などについて速報は入っていない。

 震源から約125キロ離れたインド北東部アッサム州の州都グワハティ(Guwahati)の住民らは、強い揺れを感じたと証言している。

【9月22日 AFP】国営ブータン放送(Bhutan Broadcasting ServiceBBS)が21日夜報じたところによると、ブータンで同日発生したマグニチュード6.1の強い地震で、少なくとも10人が死亡した。

 災害管理当局によると、東部のサンドロップジョンカ(Samdrup Jongkhar)では、落石によりインド人3人が死亡。首都ティンプー(Thimpu)東部の2つの地域では、建物の崩壊により計7人が死亡した。

 ミンジュル・ドルジ(Minjur Dorji)内務文化相によると、東部の丘陵地帯では大規模ながけ崩れが発生し、道路を寸断。また、東部の複数個所で地滑りが発生し、電気・通信網も被害を受けているという。

 地元紙は、東部モンガル(Munggar)地域で寺院や建物が崩壊したとも報じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「震災対策技術展」ニュース

「震災対策技術展」

                                       -自然災害対策技術展-

                横浜会場:10204日 (木)~205日(金)

                大阪会場:10610日 (木)~611 (金)

                              9月間レポート  1

■「スクール・ニューディール構想」に学校施設の耐震化を推進!

 文部科学、経済産業、環境の3省は全国の学校施設の教育環境を充実すべく

「スクール・ニューディール構想」を打ち出した。学校の「耐震化」、「エコ化」、

ICT化」の推進を目指し、事業規模は12000億円程。学校施設は非常災害時には

地域住民の避難場所としての役割を果たすため、耐震化の早期推進が求められる。

また耐震化の実施に合わせ、天井の落下防止、ガラス飛散の防止、バリアフリー化など

の実施も推奨されており、災害対策の更なる充実が予想されます。

関連技術・製品をお持ちの皆様、是非本展をご活用下さい。

■洪水対策はお任せ!ガデリウスさん「震災対策技術展」横浜に出展決定!

洪水対策で水害から街を守る!緊急洪水防護システム「チューブウォール」のガデリウスさん、

「震災展」横浜にご出展いただきます。近年、都市部を中心に頻発しているゲリラ豪雨。

急速に発達した雨雲により発生する為、予想が難しく、事前の対策が求められています。

同社が提案するウォータチューブは、軽量かつ、エアーを充填するだけの簡易作業で設置が出来る、

緊急洪水防護システム。高い防護効果と少人数で持ち運び可能な機動性を併せ持ち、

土嚢に変わる備蓄品として注目の出展製品です。横浜会場で是非ご覧下さい。

■「2009 Shanghai International Expo & Forum on Metropolitan Public Safety12月に開催!

 20091210日(木)~12日(金)中国上海にて、「MPS Shanghai, 2009」が開催されます。

昨年の四川大地震によって、甚大な被害が発生した中国。その復興と更なる減災社会の構築、

災害対策の普及を目指し地震災害、自然災害に関する技術見本市を上海にて初開催。

既にドイツ企業から30小間の出展が決定しております。災害対策先進国「日本」で

生まれたその技術が、中国で今求められています。「震災展」事務局では、協力パートナーとして

日本企業の出展を全面的にバックアップ。ご興味ある皆様は、「震災展」事務局まで。

                            2009914日(月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧