« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

有感地震は増加傾向です。

01210333 気象庁地震分布図

21日02時59分頃地震がありました。
震源地は伊豆半島東方沖 ( 北緯35.0度、東経139.1度)で震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定されます。
震度4  伊東市大原
     震度3  熱海市網代 熱海市泉* 東伊豆町奈良本*
          函南町平井* 伊豆市小立野* 伊豆の国市四日町*
          伊豆の国市長岡* 三島市東本町 長泉町中土狩*

ハイチの大地震の被害情報が伝わって来ますが、日本も地震活動が活発になっています。

Photo
昨年から記録している有感地震週間発生回数データでも、12月中旬過ぎ(伊豆東方沖群発地震を除いても)から増加傾向になっています。

特に北緯34度ラインの地震活動が活発になっており、今後の発生には注意しています。

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海地震の震源地

大型の寒波(低気圧を伴う)で天候は大荒れですが、有感地震の発生は押さえられています。先月の伊豆東方沖群発地震を除いても、有感地震の増加サイクルに入った様で有感地震の発生回数は増えています。寒波の通り過ぎた後は、増加すると思います。

01100144 気象庁地震分布図 2010年1月10日01:44:49.3 34゜33.5'N 137゜36.8'E 26km M:4.3 遠州灘

昨年から静岡県近海での地震が多く発生し、東海地震の発生が気になるところです。

発生震源地に共通する場所として、北緯34度50分付近での発生が多く、昨年の2009年8月11日05:07:5.7 34゜47.1'N 138゜29.9'E 23km M:6.5 駿河湾 ・2009年12月17日23:45:24.5 34゜57.5'N 139゜8.1'E 4km M:5.0 静岡県伊豆地方、今回の遠州灘など、ある程度の規模の地震は このラインで発生しています。

過去の大地震も突然やってくるのではなく 宏観現象・前震なども伴いますが、直前現象以前にある程度の規模の地震が発生している場合が多くあります。

東海地震がすぐに発生すると言う訳ではありませんが、昨今の静岡県近海での地震多発は今までになかったことで、東海地震が近いと想定してもおかしくない状況ではないでしょうか? その中で北緯34度ラインを注意していたいと思っています。

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブーゲンビル-ソロモン諸島地震

20100105 04日07時36分ころ地震がありました。
震源地は、南太平洋(南緯8.9度、東経157.0度)で、地震の規模(
マグニチュード)は7.2と推定されます。
この地震による日本への津波の影響はありません。
詳しい震源の位置はブーゲンビル-ソロモン諸島です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有感地震年間発生データ

Photo *グラフをクリックすると鮮明に見れます。

2009年年間有感地震発生データです。

12月に静岡県で火山性群発地震が発生しましたので、静岡県が311回と発生回数が多くなっています。

Photo_2 北緯有感地震発生データです。

静岡群発地震で34度が多くなっていますが、元々34度ラインは地震が多く発生しているラインです。

Photo_3 東経有感地震発生データです。

139度ラインも比較的地震が多く発生しているラインです。

2009年前半まで、1年以上震度5弱の地震が発生しない期間があり、後半に静岡県で大きな地震が発生してしまいました。

静岡県で大きな地震が発生した意味は大きと思い、やはり東海地震の発生に近付いていると思われます。

昨年から浅間・桜島・伊豆沖など火山活動も活発になり、伊豆沖は群発地震の発生する間隔が短くなっています。過去の大地震も発生前に前兆と思われる地震が発生しています。東海地域の方は、地震対策を万全にしましょう。

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »