« 紅葉はまだ? | トップページ | 南太平洋でM7.1の地震 »

天候と地震のデータ

有感地震の発生回数は 1日3~5回ぐらいと平均的な発生が続いています。

今年も2ヶ月を切り、有感地震の発生と天候のデータも1167回にもなり、傾向は出てきました。

天候による地震発生確率
晴れ 810 69.41%
曇り 302 25.88%
55 4.71%
合計 1167 100.00%
震度 発生回数 晴れ 曇り  
7 0       0.00%
6強 0       0.00%
6弱 1   1   0.09%
5強 0       0.00%
5弱 1   1   0.09%
4 28 24 4   2.40%
3 90 59 27 4 7.71%
2 288 191 82 15 24.68%
1 759 536 187 36 65.04%
1167 810 302 55  
確率 3.75 69.41% 25.88% 4.71%  

有感地震の発生は 晴れの日が多く雨の日は少ない傾向にあります。データ数が増えてもこの程度の確率になるのかもしれません。

天候と大地震の関連性はわかりませんが、高気圧の状態の方が有感地震は発生が多くなるようです。

今後は北緯・東経の関連性も調べてみたいと思います。

2週間ほど前から大地震を予測するために私が行っている、「統計的大地震・前震予測」のデータです。大地震発生前の前震発生率は76.81%確認されました。地震発生場所・発生時期を予測する有効な手段です。一度ご覧ください。http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graK.html

前震計測で 大地震の予測ができる地震計グラグラフはhttp://www.gragraph.jp

岩手・宮城内陸地震を予測した前震データ・世界初の地震予知例は、http://www.geocities.jp/guragurafu/gragraph/graE.html

私のHPです。こちらも見てください。http://www.geocities.jp/guragurafu

|

« 紅葉はまだ? | トップページ | 南太平洋でM7.1の地震 »

地震」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天候と地震のデータ:

« 紅葉はまだ? | トップページ | 南太平洋でM7.1の地震 »